すっちーは既にすち子!ドリルの吉田と新喜劇座長の飴・真也のパンツミー

スポンサーリンク
すっちー すち子

最近、人気番組の「アメトーーク」にも出演し、ますます活躍が期待される、すっちーさん。普段は大阪にあるNGK(なんばグランド花月)という劇場で、吉本新喜劇の座長を務めています。
 

その座長公演はとても人気で、そこに出演する吉田裕さん松浦真也さんとの絡みから、ドリルすんのかいせんのかいパンツミーなど、定番のネタもたくさんできています。元々はコンビとして活動していて、漫才などをしていたんですよ。そこからどのように新喜劇の座長に登り詰めたのか、そして新喜劇では大人気のすち子さんや定番のネタまで、詳しく見ていきましょう。
 

スポンサーリンク

新喜劇座長すっちーになっても飴をまく

 

すっちー すち子
本名:須知 裕雅(すち ひろまさ)
生年月日:1972年1月26日
出身地:大阪府摂津市
血液型:O型
身長:158cm
方言:大阪弁
最終学歴:兵庫科学技術専門学校
コンビ名:ビッキーズ(1996年 – 2007年)
相方:木部信彦(コンビ時代)
芸風:漫才(コンビ時代)
漫談
吉本新喜劇
立ち位置:右(コンビ時代)
事務所:よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期:1996年 –
同期:ロザンなど
配偶者:既婚

まずはすっちーさんのプロフィールから。元々、ビッキーズというコンビで活動していたすっちーさん。
 
 
ビキビキビッキーズ!
 
 
この入りは、僕もすごく覚えています。「飴」と書かれたはっぴを着て、会場に飴を撒くんです。コンビ時代はボケを担当していましたね。昔放送されていた、人気番組の「爆笑オンエアバトル」にも出演していた実力の持ち主でした。
 

しかし、2007年9月にコンビは解散、相方は芸能界を引退しています。その後、翌10月に吉本新喜劇に入団しました。その後、2009年には副座長クラスに昇格し、2014年には見事座長に就任しました。
 

2009年の副座長の頃に生まれたキャラクターで、座長になった今でもとても人気のキャラクターがあります。すち子という、おかっぱ頭に瓶底メガネ、そばかすのおばちゃんのキャラですね。そして、そのキャラで登場してすぐに回し役の人に「日課がございまして」と断り、客席に飴をばら撒きます。最後にはアンダースローで遠くに投げるのももう恒例行事になっていますね!そして回し役の人に「どこに撒いとるんですか」と聞かれると、「鳩の餌付けです」「イタチの集団が・・・」などと言ってボケるまでが一連の流れになっています。
 

すち子のキャラクターは、大体上司に媚びを売ったり、金に転んだりと意地汚い設定なのですが、ふと、たまに人助けなどいいこともするんです。そういう一面を見ると、嫌いになれないんですよね。
 

すっちーと吉田の「ドリルすんのかいせんのかい」


そして、すっちー扮するすち子との掛け合いで一番有名なものと言えば、吉田裕さんとのお約束のこの絡みでしょう。
 
 
ドリルすんのかいせんのかい
 
 
毎回同じ流れなんですが、それでも吉田さんが舞台に登場すると期待してしまうのは何でなんでしょう(笑)
 

吉田さんが舞台に登場して少しやりとりがあった後、すち子が「お仕置きせなあかんね」などと言って吉田さんの上着を脱がせにかかります。そしてその近くになぜかある棒で吉田さんを突如叩き出します。吉田さんはなんだかんだで叩かれに行くんですが、たまにすち子さんが叩かないというフェイントをするんですよね。その時の吉田さんの「来るのかと思ったらこっち来ぉへんのかい」が僕は好きです。
 

最近では、「アメトーーク」にもすっちー&吉田としてこの芸を披露していました。そのあたりからでしょうか、吉本新喜劇で他の座長の回でも吉田さんが登場するやいなや、どこからか登場した棒でその芸を吉田さんに試すという流れが増えたように思います。でも、すち子さんがやるようにスムーズにできない人が多いんですよね。
 
 
つま先、あご、ワキやめろ、ドリルせんのかーい!
 
 
最後の吉田さんのセリフに合わせてきちんと動けるのは、やっぱりすっちーさんだけだと思います。
 

すっちーと真也でCDデビュー「パンツミー」とは

そしてもう一つ有名な掛け合いが、ギターを持って登場する真也さん(舞台上では苗字の「松浦」と呼ばれることが多いですが)との歌ですね。
 

すち子が働いている店に、金融の取り立て役として真也さんが現れる、という設定が多いのですが、その掛け合いの最中に敵同士のはずの二人が突然意気投合して歌いだします。わては難波のパンツミー!千日前のパンツミー!と、全く今までの話の流れからの脈略はありません(笑)
 

更には、その舞台で今まで起こっていたとても不幸な出来事も、「●●であってもパンツミー!」と、全てなかったことにしてしまうのもこのネタの特徴ですね。そして周りのみんなが飽きれる中、ワンコーラス分ほど歌い上げて、二人とも何事もなかったかのように元の位置に戻ります。
 

吉田さんと同様なのですが、この流れも、真也さんが舞台に登場すると待ち望んでしまうんですよね!やっぱりそんな人が多かったのか、2013年に「歌ネタ王決定戦」ですち子&真也として出場し、「パンツミー」を披露した結果、何と初代王者に輝きました。
 

そして2015年12月23日、晴れてCDデビューを果たします。仕事が辛い時とかに聞いたら、気分が明るくなりそうですよね!
 

まとめ!

すっちーについてというより、すち子についてになってしまいましたね(笑)座長に就任してから、もうすち子としての登場が多いのでどうしても「すっちー=すち子」になってしまいました。コンビとして漫才をしていた時も面白かったですが、すち子として新喜劇の舞台に立っている時もとても面白いですよね。僕はすち子、とても大好きです!
 
特にドリルすんのかいせんのかいに関しては、僕ならすち子並みに吉田さんを操れるんじゃないか・・・とテレビを凝視して覚えようとしたことがあるくらいです(笑)
 

パンツミーに関しては、鼻歌で歌ってしまいそうになるので気をつけています。真也さんの曲は、たまに泣かせるバラードもあるので、今後新喜劇を観る機会があれば注目してみてくださいね。いつか実際に劇場ですっちーさん、もとい、すち子さんから飴を貰ってみたいです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

最後まで読んでいただきありがとうございました!

記事がおもしろいと感じてもらえましたら
下のボタンから「いいね!」してもらえると嬉しいです。

明日の記事も気合入れます!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでトオルをフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

更新情報をお伝えしてます!

関連コンテンツ